自然環境の保全とエコ

エコで自然を守ること

エコと自然環境の保全

自然環境の保全とエコには、密接な関係があります。例えば、私たちがスーパーなどに行く際に、買い物袋の持参を呼びかけるマイバッグ運動も、環境保護運動として一役買っています。マイバッグを持参することで、レジ袋の需要が減少し、そのことがレジ袋を焼却処分する時の、二酸化炭素排出量を減らし、自然環境の保全につながります。他に、飲食店に箸を持ち込み、割り箸を使わないことなどがあります。割り箸は木材から切り出されるので、割り箸を持参することによって、その分、木の伐採を減らすことにつながります。私たちは常にエコを意識して行動することが必要です。

自然は保護しないと破壊されます

森や湖、海や山は昔からあるのが当たり前と考えていますが、よく見ると知らない間に汚染や破壊が進んでいます。それを、保護するのがエコの役割です。昔からあるものを、壊すことなくそのままの形で未来に引き継いでもらうことが今の私達の課題です。自然を壊すのは、動物ではなく人間です。また、それを止めることができるのも同じ人間です。エコは、それを守る側の人間になることです。環境保護と聞くと、難しいと思いがちですが実は簡単なことです。ゴミの分別をしっかりすることや、資源の無駄使いをしないことなど誰でもできることばかりです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; エコには自然エネルギー All rights reserved